キャッシングのお申し込み時に行われる本人確認

キャッシングにお申込みされると必要書類の提出が求められます。
キャッシング 本人確認として運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどいずれか一つです。
車を運転している人は運転免許証が一番準備しやすいです。

キャッシング会社では他人に成りすましてお申込みされることを防止するために本人確認を行っています。
インターネットでお申込みしたときはメールに添えつけして送信、FAXで送信、スマホアプリで送信などキャッシング会社によって提出方法が異なります。
どの提出方法でも自宅に居ながら送信できるので来店は不要です。

自動契約機でお申込みしたときはセットして送信することができます。
特にコピーしなくてもそのまま持参するだけで構わないです。
店頭に来店してお申込みするときも自動契約機と同様です。

源泉徴収票や給与明細書、確定申告書、所得証明書などの収入証明書類の提出も求められます。
しかし貸金業者のキャッシングの場合はご利用限度額50万円を超えない場合、他社の貸金業者の借入額も含めて100万円超えない場合は提出が不要です。
どうしても収入証明書類の準備ができないと言う方でもこの条件さえ満たしていれば大丈夫です。

場合によっては提出が求められることがあり提出が出来ないとご利用限度額が引き下げされることがあります。

コメントは受け付けていません。