総量規制対象外は今後、改められる可能性があります。

総量規制とは、貸金業法に基づいた年収に対して3分の1以上の借り入れができない規制のことを指します。主に消費者金融事業者ややクレジットカード、信販事業者を対象としています。しかしながら、銀行カードローンは総量規制対象外になります。

その理由が銀行という信頼性が高いという担保があり、キャッシングを利用する際に厳格な審査のもとに借り入れを行っているので、対象外とされてきました。しかし、近年の銀行カードローンは個人に対しての借り入れに関して審査基準を緩やかにし、多くの人が高額なローンを利用して不利益を被ったことによって改める動きも活発になっており、今後総量規制対象外に新しい規制が行われる可能性が高くなっています。

コメントは受け付けていません。