銀行カードローンの審査の厳しさを見分けるには?

日本人はブランド志向が強く、銀行を選ぶ時も三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行というメガバンクの中から選ぶ傾向にあるでしょう。この他日本一のゆうちょ銀行も含めて銀行カードローンを選ぶ時も、これらの銀行から選ぶ方が多いです。ゆうちょ銀行は独自のカードローンを提供していないので省きますが、メガバンクのカードローンの審査通過率はどれほどのものか気になるところです。

この中で1番審査が厳しいのは、みずほ銀行カードローンです。なぜなら保証会社がオリコカードのオリエントコーポレーションだからです。ちなみに三菱東京UFJ銀行カードローンはアコムが、三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社となります。この2行の審査は事実上アコムとプロミスが行うので、消費者金融並みの審査通過率となるのです。一方みずほ銀行カードローンの審査は信販会社であるオリエントコーポレーションが行うので、若干審査が厳しいと予測できるのです。

なお都銀のりそな銀行カードローンの保証会社は同じく信販会社のオリックス・クレジット株式会社で審査がやや厳しくなります。銀行カードローンの審査の厳しさは、保証会社を見ればある程度予測できるというわけです。

コメントは受け付けていません。