総量規制対象外のローンがキャッシングよりも優れている点とは

キャッシングやカードローンの提供元が消費者金融会社である場合には、貸金業法によって総量規制が義務付けられていますので、利用者は複数の融資サービスを利用していますと、その総限度額は年収の3分の1までしか設定してもらえません。審査の時に総限度額が年収の3分の1を超えていますと審査を通過出来ない可能性も高いです。

総量規制対象外のローンを使う利点とは、融資を実施しているのが銀行や信用金庫ですと、貸金業法とは関係が無く、総量規制をする義務がありませんので、総量規制が行われないという事です。複数のカードローンと組み合わせる自由度がありますので、利用者の返済能力次第で複数の融資サービスを使った融資の活用が行えます。

コメントは受け付けていません。